naoko19777’s diary

2017年7月、四十路突入。

MaxLPを修理に出した

 

naoko19777.hatenablog.com

 5月に島村楽器でMaxLPを購入。その後調子よく聴けてたんだけど、たぶんその2週間後ぐらいだったか、突然音が出なくなった。酔っ払って手が滑って、そういうときに限ってアームを上げたままにしておくレバーを入れてなくて、アームをレコード盤の上に落としてしまった。あちゃー!と思ったもののとくに問題もなく、しばらく聴いてたら突然音が小さくなったのだ。

 

きっと針か盤をダメにしちゃったに違いない、と思い、交換針を取り寄せた。一応今ついてるものと新しいものを比べてみたら…違いがない。おや?針のせいではなかったの?とかやってるうちにまた大きい音で鳴るようになった。

 

そんなことを何度か繰り返してて、音が小さくなってもしばらく放置しておくとまた鳴るようになってたりしたのでごまかしつつ聴いていた。

 

でもとうとう、そのやり方では戻ってくれなくなったのだ。しかたない、カスタマーサービスに連絡するしかない。こういうとき知恵袋とかで質問するより直接会社に訊くのがぜったいに早い。

 

IONオーディオのホームページを隅々まで見ても、どうしても平日に電話する以外の方法がないらしかった。仕事は自宅でしてると言ってもカスタマーサービスに連絡してる間に別の仕事の電話がかかってきたら困るし、急ぎの仕事で親に呼びつけられても困る。でももうしかたがないので電話した。8月2日のこと。

 

そのサービスセンターはIONオーディオとは別の会社名だった。これこれこうで、と説明すると、電話に出てくれたおねえさんももう修理しかないとわかってくれたようで、送って下さい、とのこと。

 

そのときに、住所、名前、電話番号、今話した症状をメモした紙と、買った店のレシートなど証明になるもの(これが保証書という扱い)をコピーでいいので同封してください、ということだった。

 

こんなこともあろうかと。商品が入ってた箱はちゃんとそのまま置いていた。まさか本当に活用することになるとは思ってなかったけれど。発泡スチロールもビニール袋も置いてたけどどういうふうに入ってたかまでは覚えてない、とりあえずこう入れるしかないだろうな、と思う通りに入れた。一度、説明の紙を入れ忘れてまた開けて、ガムテープで留めた。こんなんで本当にいいのかな、と思いながらクロネコさんに持っていくと軽く点検してくれて、そのまま預けた。どうやらその日のクロネコさんの最後の発送時間にギリギリ間に合ったようで、その日のうちに修理センターに向けて旅立ったようだった。

 

ちなみに住所はホームページには載っていなくて、口頭で教えてくれた。たぶんいきなり送りつけてきたりするのを防ぐためだと思うのでここでも書きません。

 

それから一週間。音沙汰なし。届いたことはクロネコの伝票でわかっているのでその心配はないけど、今どうなってるのかな~、、まだ保管されてるのかな~、、いつまでかかかるのかな~、、と、不安は募る。

 

修理ってどれくらいかかるのかな、て昨日検索したら、どうも2週間くらいは見ておいたほうがいいみたい。カスタマーサービスのおねえさんが、夏季休暇があるのでもしかしたらそれ過ぎるかも、ご了承下さいと言ってたので、それプラス土日祝休みを考慮するとこれはまだ当分返ってこんな、と諦めてたところ。

 

今日、8月10日、突然に佐川さんが持ってきてくれた!返ってきたのだ!おかえり、わたしのMaxLP!!諦めてただけにとてもうれしい。折しもレコードの禁断症状が出始めたところだった。

 

箱の上に修理明細書がビニール袋に入ったのがくっついていて、そこに私が送った説明の紙も入っていた。私の説明がとても長いのに対し、「ご依頼内容」は「突然音が出なくなる」の一言。なんかちょっと恥ずかしいやないか。まあ直接話しができるわけではないし、どういう症状での修理依頼が多いのかわからないのでこっちが長々説明するのはやむをえまい。

 

で、「作業内容」は、症状が確認できたこと、メイン基板を交換したことなどが書いてあった。5月末に購入して8月初めに送ったので余裕で保証期間内。おかげで無料で修理ができた。よかった。送料はもちろんあちら持ち。修理に送り出すときも、着払いの伝票で。

 

受付日が8月3日で完了日が8月8日。で、今日8月10日に届いたので、修理は一週間くらい見積もっておけばいい、てことかな。センターの場所は神奈川県。

 

今さっそく聴いてるけれど、調子いいね~。そしていつのまにやらレコードで聴きたいという思いが募ってたことに内心驚く。まあ、レコードプレーヤーがないと聴けないからっていうのはもちろん理由の一つではあるけど、曲を聴こうと思えば別にAppleMusicで聴けないことはないのだ。でもレコードで聴きたかった。この思いの正体はなんなんだろうな。

 

修理に出してなかなか返ってこなくてやきもきしてる間、いっそ新しいオーディオ買おうかな、とかまで考えていた。あんなに断捨離してモノを手放すようになってたのに。とくにオーディオセットを捨てる時のめんどくささ、心の重さはなかなかのものだから新しく手に入れるなんて、ちょっと。でも、もうすっかりポータブルスピーカーでは物足りなくなっている。

 

MaxLPのスピーカーはたぶんだけどポータブルスピーカーと質的には同じようなものなんじゃないかと思う。にもかかわらず、iPodをポータブルスピーカーで鳴らすのとは明らかに温度感が違う。こういうふうにして人はオーディオにハマっていくのか。。おそろしい。笑。

 

ちなみにもし3ヶ月以内に同じ症状でまた修理が必要になったら無料で修理してくれるらしい。でもたぶんもう修理に出さずに新しいの買っちゃうかも。やばいねこれ。やばい趣味持っちゃったかも。

 

ところでやっぱりMaxLPはかわいいな。もう壊れるなよ。

 

f:id:naoko19777:20170810182545j:plain