naoko19777’s diary

2017年7月、四十路突入。

コーヒーのこと

コーヒーが好きだ。普段はネスレバリスタを使っていて、これはこれでおいしく飲んでいる。手軽に飲めるし、すごい機械だなーと思う。でも手軽過ぎてちょっと味気ない気もする。

 

バリスタがあるし、一人暮らしなので改めてコーヒーメーカーを買うのもなんとなく躊躇する。バリスタは平日、仕事の日、昼食後のコーヒータイムにちょうどいいし、母(上司)も気に入ってるのでとりあえず次壊れるまでは使い続けたい。

 

となると手軽なのはやっぱりドリップバッグだ。スーパーにも売ってるし、カップにセットすればいいだけという手軽さ。なので愛用している。

 

さて、ドリップバッグに何でお湯を注ぐのか。できるだけ細く注げるもので、高いところから注いでお湯が泡立つのがいいらしい。手近にある中でいちばん細く注げるものは、急須。ということで急須を使ってたのだけど、やっぱりなんといっても雰囲気が出ない。これからコーヒーを飲もうとしてるのに、この和柄。和柄が悪いわけじゃないけど。和柄が似合うコーヒータイムというのもあるだろうけど。うちの急須ではちょっと雰囲気が出ない。

 

これはもうドリップポットを買うしかないな、と思い、探しに行った。そのお店には普通のドリップポットもいくつか置いてたのだけど、その横にこんなのがあった。

 

ワンドリップポット one drip pote [ シルバー ] ドリップ 1杯用

ワンドリップポット one drip pote [ シルバー ] ドリップ 1杯用

 

ドリップ1杯用の、ポットなのだ!なんじゃこりゃ。かわいい。ちょうどいい。しかし価格が3780円。迷う。。自分のためにこんないいもの買ってしまっていいのだろうか。すごく迷った。店の人がいぶかるぐらい、商品の前で考え込んでは商品を手に取り、ずいぶん悩んだ。

 

しかしちょうど「自分を大切にする」の学習期間でもあった。今これを自分のために買えなくて何が「自分を大切にする」なのだ。いや、仮にこれが思ったほど使えるものでなかった場合、自分のお金を無駄にしなかったという意味で自分を大切にしたと言えなくもない。「自分を大切にする」とはじつに判断の難しい概念だ。

 

とか考えて結局買うことにした。なんや言うても5000円もするものでもないし。今思えばこれくらいの値段で何を迷ってたのだ、という気もする。

 

f:id:naoko19777:20180423080901j:plain

 

 

 

かわいい…!!!

 

 

 

 

f:id:naoko19777:20180423080929j:plain

 

 

入ってた箱までかわいい…!!!

 

あがるなー!これは!

さっそくこいつを使ってドリップバッグのコーヒーを入れた。

 

じつはドリップバッグのコーヒーを飲むとき、カップをちゃんと温めても、いつもいれている間に冷めてしまって飲むときにはぬるい、という悩みがあった。こんな上等なもの使っていれるのだからきっといい感じになるに違いない、と思いながらいれてみた。

 

が、その点に変化はなかった。。つまり今までのやり方も、器具の問題ではなかったということだ。

 

しかしこの細い注ぎ口、150mlのところに引いてある線など、ドリップバッグにちょうどよい。もしかしたら調味料を混ぜて使ったりするのにもちょうどよいかもしれないけど、これはやはりコーヒー抽出用に取っておきたい。変なにおいが混ざったりするといやだし。

 

箱もしっかりした作りなので、いつか何かを収納するのにちょうどよいかも、と思って取ってある。まだ今のところ何も入ってないけれど。

 

さて、ポットの箱に説明書がついていた。熱湯をポットに入れると少し温度が下がり、ドリップにちょうどいい温度になる、とのことであった。

 

ドリップバッグの使い方なんて、開け方さえ間違えなければどの商品でもそう変わるものではない。最初に少しだけお湯を注いで10秒ほど蒸らし、2~3回に分けてお湯を注ぐ。知っている。つもりだった。

 

が、「2~3回に分けてお湯を注ぐ。」これを私はまったく無視していたことに気付いた。なんとなくバッグの中でお湯がたぷたぷになるとおいしくなくなる気がして、5回くらいに分けて入れていた。そしてそれこそが、コーヒーがぬるくなる原因だった…!!!あほなのかわたしは。。そりゃ時間かかるほどぬるくもなるよな。

 

しかしそれに気付いてからは、おいしく温かいコーヒーが飲めている。トライ&エラーだよ。それでいいのさ。(なおグーグル先生によると英語では "trial and error" が正しいとのこと)

 

しかし「本当に」おいしいコーヒーとはどういうものなのか。知らない気がする。どういったものを専門家は「おいしい」といっているのか。飲んでみたいな。コーヒー専門店ってたくさんあると思うけど。この大型連休にはそういうお店探して行ってみよう。