naoko19777’s diary

2017年7月、四十路突入。

コンタクトレンズも再開

大学生の頃から2weekコンタクトを使っていた。ズボラなのでだんだんとレンズの処理が面倒になり、経済的なことも考えるとメガネ+ワンデーがいいような気がして、いつのまにか2weekは卒業してしまった。さらにワンデーも休日のみの使用となると、あまり使わなくなり、最後に使ったコンタクトの使用期限が2012年だったので、その頃からずっとメガネのみで過ごしてきた。

 

メガネだとどうしてもファッションの仕上げできまらなくなるという悩みはあったけれど、目が朝から血走ってるような状態が続いていたし、ほとんど人生を捨てたような生き方だったので、適当に自分に言い訳して過ごしてきた。

 

セルフカットを卒業する(参照:とうとうセルフカットを卒業した - naoko19777’s diary)ということは、当然メガネもやめたい。でも充血している目が気になる。

 

そこでとうとう眼科に行った。悩んでいても仕方ないのだ。先生に診てもらって、これはコンタクトはやめたほうが、と言われたら潔く諦める、でなければコンタクトに換える。どっちかだ。

 

診てもらったところ、目に傷がついたりしてるわけじゃないのでコンタクトも使える、とのこと。コンタクトレンズショップに併設の眼科だとそのあたり適当に処置されそうだけど、人気の開業医なので安心できる。

 

その医院でもコンタクトを扱っていて、まずはワンデーを1ヶ月試してから2週間に移行してみたい、と希望を伝えた。今回はそちらの医院で最安のSEEDのものを選んでみた。テストレンズが3枚あって、その後診察して異常がなければ正式に購入という形。

 

で、病院でレンズを入れたけれど、、なつかしい、この感じ!あまりに久しぶりすぎて緊張してなかなか入らなかった。でもまだ覚えている、初めてレンズを買ったときのこと。上を見て入れると入れやすい、と習ったんだった。

 

その後視力検査をして1.2見えることを確認して、今日はここまで。今、レンズが入ってる状態。地味にうれしい。

 

過去に一度ハードレンズを試したことがあって、私には無理だった。あんなもの目に入れられる人すごいよ。無理無理。なのでコンタクトするなら必然的にソフト。メガネと比べると確実に経済的な負担は増えるけど、そのくらい自分のために投資してやらないとな、と今は思う。

 

そのへん、少し考え方が変わってきた。自分に投資する価値があるのかどうなのか、ということについて。価値がない、と自分で決めている時点で、世間からそう見られるのはしかたのないことだ。それならば自分で妥当な価値を見てやらないとな。

 

正直このベリーショートの髪型では頭部が少し寂しく、メガネがあったほうがバランスとれる感じもないではないけど、それはそれ。今後髪は伸びる予定だし。何より心が躍ってる。うれしい。この感じ、大事にしたい。